About SACCO企業情報

SACCOについて

自我作古の精神

「企業は社会の公器である」と松下幸之助が喝破してから幾星霜。

はたして今日、私たちは公器性を有する、所謂すべてのステークホルダーと誠実に向き合う企業が、きちんと尊ばれる社会を醸成できていると言えるのでしょうか。

Saccoはこの問いと向き合い、そうした公器性を有する企業がきちんと評価される社会の実現をミッションとしています。

現代社会は株主利益の最大化を図る企業や社員満足度が高いといった尺度でのみ企業価値が判断されがちです。SDGsやESG投資といった新しい文脈で企業の責任を問い、評価しようという気運が生まれてもいますが、その思想の根幹から広く認知されているとは言えません。

私たちはこれまで数多くの企業をメディアとして取り上げ、あるいは社内報や会報づくりを行ってきました。その過程で、売上や利益、社員数といった指標だけでは企業の価値は測ることができないことを感じました。有名でなくとも長年地域社会への貢献やすべてのステークホルダーとの向き合い方が誠実であり愛されている企業は数多く存在しています。あるいはその逆、売上や社員数は大きくても誰かを不幸にしながら成り立つビジネスや、社員にとって働きやすい企業でも下請けや取引先、顧客に無理を強いる企業も存在しています。

企業各社が前提として理解しなければならないのは、働き方改革やワークライフバランスが叫ばれる昨今は、人と組織との関係性が劇的に変化しつつある端境期だということです。一人ひとりにとって企業の存在や「働く」ことの意識そのものが変節している最中、はたして、これからの時代に求められる企業の在り方とはいかなるものでしょうか。

それは、自社のことだけを考えるのではなく、顧客、取引先、社員、そしてその家族、地域社会、株主、さらには未来のステークホルダーといったすべてのステークホルダーの幸せに自分たちが応えていくという気概や姿勢を内外にきちんと打ち出していく企業に他なりません。

そして、そうした企業がきちんと尊ばれ評価されるように、私たちSaccoは存在します。事実、私たちがこれまで行ってきた一つひとつの活動はクライアントのすべてのステークホルダーに共感の輪を作り出し、共汗から共歓の関係へと巻き込んでいくうねりという文脈で捉えることで、一つの意味を持ちます。

公器性を有する企業の未来のステークホルダーづくりに深く貢献すること。それはすなわち、共感の輪を企業から企業へステークホルダーを通して幾重にも広げていくこと。

そして、これこそが曖昧模糊とした公器性や未来の指標に明快な輪郭を描く作法となりえます。

我こそ作古たらん。この信念をもち、明日を紡ぎます。

SACCOの由来

「Sacco」とは中国宋史の『自我作古』(じがさっこ)を基にしています。
「我より古(いにしえ)を作(な)す」という言葉通り、集団の手本となり周囲に良き道を示す礎になろうと命名しました。

おかげさまで多くの企業から「ステークホルダーメディア」として、顧客、取引先、社員、家族、地域社会、行政、メディア、株主とのエンゲージメントを深めるべく、メディア制作やインナーコミュニケーションツール、社内報などの制作をご依頼いただけるようになり、順調な滑り出しとなっております。

これもひとえに皆様の温かいご理解とご支援の賜物であると心より感謝しております。

SACCOの指針

誰がどの角度から見ても、自信をもって社会に良い行いと言われる行いのみを事業とする

企業理念

すべてのステークホルダーに愛される会社を この世の中に共感の輪を通じて広げていく

会社概要

社名 株式会社Sacco(サッコ)
住所

オフィス 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-7-5青山セブンハイツ1006

電話 03-6427-6822(営業時間 9:00~17:30)
メール office@sacco.co.jp
役員 代表取締役 加藤俊
取締役 齋藤真織
執行役員 増山弘之
設立 2015年8月14日
資本金 8,750,000円
事業内容 メディア運営 BigLife21 GURULI
社内報・会報誌 制作事業
教育醸成事業ミンスタ
イベント事業

オフィスアクセス

センターオフィス

東京都渋谷区渋谷1-7-5青山セブンハイツ1006最寄り駅:
・JR渋谷駅東口より徒歩7分